産後太り解消!簡単ダイエットで短期間で5キロ痩せる方法5選

産後太った方必見!短期間で5キロ痩せたい!簡単ダイエット法5選

産後ダイエット

出産した後も体重が落ちずに悩んでいるママは多いです。
出産後は、授乳や赤ちゃんのお世話で忙しくなるため、ダイエットに取り組むのは難しいですよね。
出産直後から半年間は、脂肪が流動しやすく、自然と元の体型に戻そうとする力が働くため、減量しやすい時期と言えます。
出産まえの体型に戻すのは、出産から半年間がチャンス!
そこで今回は、産後の体重増加に悩むママに向けて 短期間で5キロ痩せられる方法を5つご紹介しましょう。

 

産後はなぜ太るの?その原因は?

妊娠中は、子宮が赤ちゃんを守るためお腹周りに脂肪が付きやくなり、食欲も増していきます。
出産後もホルモンバランスの影響で 食欲が止まらずに、運動量が減ってしまうことも産後太りの原因です。
出産後は、骨盤が開いて筋肉が緩んでいる状態にあるため、基礎代謝が低下するためお腹に脂肪がつきやすくなります。

 

ただし、出産直後から1ヶ月間の間は ゆがんだ骨盤や胎盤の位置が自然と出産前の状態に戻るため、あまり心配する必要はありません。
出産直後は、まだ骨盤が緩んでおり精神的にも非常にデリケートな時期なので、体型が気になっても体を休ませるように心がけましょう。

 

産後直後に急激に食事制限や過度なエクササイズをしても、骨盤が緩んでいるため筋肉が収縮されず、脂肪燃焼しにくいのです。
無理なダイエットは、良質な母乳の生成の妨げにもなるので気をつけて下さい。
本格的な産後太りのダイエットを始めるには、産後1ヶ月後にスタートすると効率的です。

 

産後の下半身を痩せたいなら糖質ダイエット!目標はマイナス5キロ

出産直後は、授乳や赤ちゃんの世話で忙しくなり、栄養バランスの良い食生活を保つのが難しくなります。
産後は良質な母乳を作るためにも、ビタミンやミネラルカルシウムといった多くの栄養素を摂取することが大切です。

 

産後直後から半年の間は、ホルモンの影響によって体型が出産前の元の状態に戻るように自然に働きます。
そのため、食事の内容を意識するだけで-5kg減量するのも難しいことではありません。

 

出産直後は、特にお腹周りに多くの脂肪が気になるため、糖質をカットするダイエットがおすすめです。
出産後は、甘いお菓子やケーキが食べたくなりますが 、脂質や糖質が多いケーキやアイスクリームは控えて、おやつはフルーツやヨーグルトといった低カロリーで栄養素の高いものを選ぶようにしましょう。
産後ダイエットは、授乳中の時期と重なるため、全く食事をとらないダイエットは、母乳の質や量に影響してしまいます。

 

出産前の体型に戻すためには、

  • 体のエネルギー源のもととなる炭水化物
  • 良質な母乳を作り出す良質なたんぱく質
  • 体の健康バランスを整えるビタミン、ミネラル、カルシウム

これらをバランスよく摂取してください。
出産後は、慣れない赤ちゃんの世話で思うように栄養バランスの良い食事が取ることが難しくなりますが、脂質と糖質を控えて、野菜中心の食生活を心がけましょう。
出産1か月後から半年以内に糖質制限ダイエットを始めると、-5kg痩せることも可能です。

 

産後に痩せたいなら野菜生活ダイエット!質の良い母乳もでる

妊娠後期は、子宮がお腹の赤ちゃんを守るためにカロリーの高いものを欲するようになります。
そして、産後もその食欲が続き、食欲が止まらないと悩むママは多いです。
脂質や糖質が多いものを多く摂取すると、当然カロリーオーバーとなり、産後太りの原因となります。
出産後は、ホルモンバランスの影響によって自然と出産前の体型に戻りやすい絶好の期間ですから、正しい食生活をして元の体型に早めに戻していきましょう。

 

出産後の食事は、脂質や糖質が少ない 和食中心の食生活がおすすめ

炭水化物は、脂質が多いパンよりも、ヘルシーなご飯中心にして、玄米や五穀米といった満腹感を感じられるご飯を選ぶと良いでしょう。

 

主菜は、良質なタンパク質を摂取するために、低カロリーの

  • 大豆製品
  • 焼き魚
  • 鳥のささみ

をメインに積極的に摂ると良いです。

 

簡単な食事を済ませるために、ファーストフードの高カロリーなハンバーガー・ファミレスのステーキを食べ続けると、脂質の摂りすぎによる肥満の原因となるので気をつけましょう。

 

副菜は、緑黄色野菜を多めに摂取して、なるべく多くの野菜からビタミンを摂取すると、ダイエットだけでなく良質な母乳が作られるようになります。

 

色が濃い野菜として

  • ブロッコリー
  • 人参
  • ピーマン
  • 玉ねぎ
  • ほうれん草

などは栄養値が高いので、意識して摂るようにしましょう。

 

産後ダイエットは、食事の食べる順番にも気をつけて、なるべくベジタブルファースト(野菜をはじめに食べること)を意識すると、血糖値が急上昇するのを予防して、脂肪がつきにくくなるため、体重増加を予防になります。

 

産後のお腹を痩せたいなら腹筋トレーニングが効果あり

産後の体型で一番気になるのは、お腹周りというママは多いのではないでしょうか?
そりゃ、そうですよね。大きなわが子が入っていたんだから。

 

出産前のすっきりしたお腹に戻すためには、腹筋トレーニングがオススメです。
ただし、出産直後から1か月間は胎盤が緩んでおり、もとの状態に戻るデリケートな時期であるため、しっかり体を休ませる必要があります。
産後の腹筋トレーニングは、出産1ヶ月後に始めましょう。

 

産後に効果的な腹筋トレーニングのやり方

  1. 仰向けに寝て両膝を曲げて足を広げる
  2. 両足の間に柔らかいクッションなどを挟み、腕を頭の後ろに持って行く
  3. お腹の筋肉に働きかけるように息を吐きながら、上半身をゆっくり起こす
  4. 3秒停止してから息を吸いながら元のポジションに戻す

これを1日10回続けてみてください。

 

腹筋トレーニング応用編

腹筋トレーニングが慣れてきたら、応用編のツイストを行っていきましょう。
先ほどと同様に

  1. 両膝を曲げたまま仰向けに寝て、頭の後ろに手を組む。
  2. ゆっくり上半身を起こしながら、右肘を左膝につけて身体全体をツイストさせる
  3. その状態で3秒停止したら、元のポジションに戻す
  4. 次に、同様に左肘を右膝につけて身体全体をツイストさせる
  5. その状態で3秒停止したら、元のポジションに戻す

これを1日10回、毎日繰り返していきましょう。
腹筋に負担がかかるのが実感できてきます。
出産でお腹が固くなった場合は、筋トレの前にアロママッサージをすると皮膚が柔らかくなるので、ダイエット効果を発揮することができます。

 

骨盤ベルトを着けるだけで産後ダイエットがラクして痩せれる

産後にお腹周りにたくさんの脂肪がついているのは、出産によって骨盤が歪んでいるのが原因です。
出産直後から自然と骨盤は戻ってきますが、赤ちゃんを抱っこしたりおんぶしたりという姿勢が続くと、体に無理な負担がかかり、骨盤が戻らなくなってしまうこともあるのです。

 

そこで便利なアイテムが、着けるだけで産後の骨盤の歪みや開きを補正してくれる骨盤ベルトです。
腰が痛い時に使われる腰痛ベルトは、医療目的で使われるため、産後の骨盤ベルトとは働きが異なります。
産後は骨盤の歪みを矯正することによって、無駄な脂肪が付くのを予防してダイエットに役立つものです。

 

骨盤ベルトは、起きてる間にお腹周りにつけているだけで、骨盤の歪みが矯正されて、基礎代謝が上がり、お腹周りの無駄な脂肪を燃焼させてくれる効果があります。
基礎代謝が下がったままだったと、内臓機能が低下して便秘や冷え性が起こり、減量が難しくなるのです。
骨盤ベルトをつけることで、代謝が上がるため脂肪燃焼もアップして、出産前の体型に近づくことが可能になりますし、ホルモンバランスが整い、肩こりや便秘の問題も思い通りになります。
骨盤の歪みが矯正されると、全身の血行が良くなり、体の巡りが整えられて自律神経が整うために、カロリー消費量もアップできます。
骨盤ベルトをつけているだけなので試してみてはいかがでしょうか?

 

産後はベビーカーと一緒にお出かけウォーキングで痩せよう

産後ダイエットは、ウォーキングで脂肪燃焼させて痩せるのが効率的です。
そこで便利なのが、ベビーカーを押しながらウォーキングをするという方法!
ウォーキングもただ歩くのではなくて、なるべく背筋をピンと伸ばして大幅で歩くことで、下半身の筋肉に働き、太ももや腰回りのダイエットに効果的です。
ベビーカーを押しながらでは腕を振ることができませんが、大股で足早に歩くことで太ももの筋肉やお腹周りの脂肪を落とすことが可能です。
まずはベビーカーを押しながら、2kmを30分のペースで歩いてみましょう。
赤ちゃんの様子が気になるから、あまり無理をしないペースで、交通量の少ない歩道を歩くことをおすすめします。
そのような環境がないなら、大きめの公園に行って、歩ける歩道を往復して距離を稼ぐ方法もありますよ。

 

産後ダイエットのまとめ

  1. 糖質ダイエット
  2. 野菜生活ダイエット
  3. お腹を痩せたいなら腹筋トレーニング
  4. 骨盤ベルトを着けるだけで産後ダイエット
  5. ベビーカーと一緒にお出かけウォーキング

今回は、産後ダイエットしたいママのために、おすすめの5つの方法を紹介しました。
どれかひとつの方法というよりは、できることを生活の中に組み入れて、総合的にダイエットして5キロやせることを目標に頑張ってみましょう。

 

産後直後から1か月は体のホルモンバランスが変化して、精神的にもデリケートな時期なので、産後の疲れを取るのを優先させて、体を休ませる必要があります。
産後1ヶ月後から半年間は、骨盤の歪みが矯正されて、体は自然と出産前の状態に戻すように働くため、このタイミングを狙って産後ダイエットを始めることをおすすめします。
産後は授乳や赤ちゃんの世話などで忙しくなりますが、野菜中心の栄養バランスの良い食生活を心がけて、脂質や糖質が多い食品はカットするようにしましょう。
そうすれば、良い母乳もでるようになるしね。
かわいい素敵なママになるためには、この時期のダイエットにかかっているんです。
ママかわいい』って子供に言われるママになりましょう。

page top