ダイエットに成功する人と失敗する人の決定的な7つの違い

ダイエットの成功と失敗の決定的な7つの違いを解説

ダイエットの成功と失敗の決定的な7つの違いを解説

久しぶりに体重計の数値を見て愕然として、「ダイエットを始める!」 と決意しても、いつのまにか食べ過ぎてしまった・・・。
そんな経験をされたことはありませんか?
ダイエットは、継続することが何よりも大変ですよね。
しかし、中には目標体重を掲げて、しっかり体重落として、理想的な体型をキープしている方もいます。
では、ダイエットを成功する人と失敗する人の決定的な違いは何なのでしょうか?
それは、決して高額なジムに通うのでもなく、高級サプリを飲んでいることでもなく、その人の心理と関係しているのです。
そこで今回は、ダイエットに成功する一つと失敗する人の7つの違いについて迫ります。

 

違い@成功者は意志が固いが失敗者は言い訳をする

違い@成功者は意志が固いが失敗者は言い訳をする

久しぶりに会った友人に「太ったね」と言われたり、いつも着ている服がきつく感じると、「ダイエットしなきゃ」と誰もが思いますよね。
ダイエットを決意した瞬間は誰でも意志が固いのですが、その後の心理によって成功するか失敗するかの分かれ道になります。
ダイエットに失敗する人は、「ダイエットは明日から!」と言い訳をして、おやつを食べたり、ビールを飲んだりして、いつもと変わらない食生活をしてしまいます。
もちろん、ダイエットは明日からの「明日」はいつになっても来ません。

 

過去にダイエットに失敗した経験があり、食事制限が辛いと知っているからこそ、自分に言い訳をして逃げたくなってしまうのです。
しかし、意志が強い人は「ダイエットをする!」と決めた瞬間から、ダイエットのための食事制限をスタートさせます。
食べ物は野菜中心に切り替えて、よく噛むことを心がけたり、糖質や脂質を避けたり、ダイエットを意識した食生活にシフトさせるのです。
ダイエットを成功させるためには、食生活を変えなければ減量することが出来ないとわかっているのです。
ダイエットを決心してからは、固い意志を持って継続することが大切です。

 

違いA成功者はしっかり食べるが失敗者は単品ダイエットをする

違いA成功者はしっかり食べるが失敗者は単品ダイエットをする

ダイエットの成功者は、どうすれば減量をすることができるのか減量のメカニズムをよく理解しています。
健康的にスリムな体になるためには、野菜中心の食生活をして、ビタミン・ミネラル・鉄分・カルシウム・亜鉛といった多くの栄養素を摂取して代謝を上げることが大切です。
野菜を多く摂取すると代謝が上がるため、血行が促進され、基礎代謝が上がるのです。
そのため、寝ている時もじっと座っている時も、カロリーが消費されるために、痩せやすい体質になります。
同時に、糖質や脂質をカットして、炭水化物も控えるために、体脂肪が減り、痩せることができるのです。

 

しかし、ダイエットに失敗する人は、「食べなければ痩せる」という間違った考えを持っているため、口コミで話題の断食ダイエットや単品ダイエットの簡単なダイエット方法に飛びついてしまいがちです。

  • りんごダイエット
  • こんにゃくダイエット
  • キウイダイエット

など、様々な単品ダイエットが流行しましたが、健康的にスリムになるためには単品ダイエットは挫折しやすいのです。
同じものをずっと食べ続けると飽きてしまったりストレスになり、挫折しやすくなります。
すると、元の食生活に戻りリバウンドしやすくなるのです。

 

単品ダイエットは、ひとつの食べ物しか摂取していないため、栄養不足になり、筋肉量が減って太りやすく痩せにくい体になってしまいます。
ダイエットに成功するためには、栄養バランスのよい野菜中心の食生活を心がけて、無理なダイエットは避けるようにしましょう。

 

違いB成功者はレコーディングをするが失敗者はしない

違いB成功者はレコーディングをするが失敗者はしない

ダイエットに成功する人は、1日に自分が何を食べて何を飲んだかしっかり記録しています。
また、同時に運動量も細かく記録しているため、目標体重に早く近づくことができるのです。
最近は、スマートフォンのアプリケーションでもレコーディングダイエット専用のアプリが人気です。

 

1日に食べたもののカロリーや栄養素が一目で分かり、不足している栄養素やカロリーオーバーをチェックすることができます。
ダイエットに失敗してしまう人は、食べたものや運動量を記録していないために、知らない間に甘いものや塩分を摂りすぎてしまいます。
レコーディングダイエットをすると、「1週間で2キロ痩せました」とお知らせがあり、ダイエット効果が一目瞭然なので、やりがいが出てくるのもメリットです。
ダイエットを始めたら、その日に食べた物、飲み物を記録して、客観的に確認しながら、効率的にダイエットすると効果的です。

 

違いC成功者はダイエットを楽しむが失敗者は楽しまない

違いC成功者はダイエットを楽しむが失敗者は楽しまない

ダイエットに成功する人は、決して無理をせず、楽しみながらダイエットを続けています。
単品ダイエットや断食ダイエットすると、「食べられない」というストレスが多くのしかかり、ダイエットを中断した時にリバウンドしやすくなります。
ダイエットに成功する人は、栄養バランスよい食生活を心掛けているため、空腹のストレスがなく、挫折することは少なくなるのです。
大人になるとお酒の付き合いも増えますが、少し体重が増えた場合も、翌日は食事を調整するなどして、無理なく楽しみながらダイエットを継続しています。
ターゲットにして失敗してしまうタイプの人は、一時的に体重が増えてしまうとショックで諦めモードになり、ダイエットを中断して、元の食生活に戻ってしまうのです。
ダイエットは自分との戦いですから、ストレスを感じずに、無理せず楽しく続けることが大切です。

 

違いD成功者のダイエットは長期計画だが失敗者は短期計画

違いD成功者のダイエットは長期計画だが失敗者は短期計画

そもそも、多くの体脂肪が付いてしまったのは、決して一日でついてしまったわけでありません。
毎日食べているものや運動不足による積み重ねによって、体重が増加してしまったのです。
ですから、減量も短期間でするというのはとても難しいと言えます。

 

健康的に痩せるためには、長期的なスパンでダイエットを計画している人は成功しやすいのです。
モデルさんや芸能人に影響されて、「自分も痩せたい!」と思う願望が強く、1週間で5 kg痩せるといった過酷な計画を立ててしまうことが原因です。
無理して短期間で5kg痩せるのは、体に大きな負担となり、成功しても後でリバウンドしやすいといえます。
ダイエットは、1ヶ月以上かけてゆっくり行うと、体の負担にならなずにリバウンドも防ぐことができます。

 

違いE成功者は運動するが失敗者は運動しない

違いE成功者は運動するが失敗者は運動しない

ダイエットに成功して、理想的な体重をキープしている人は、食事制限だけではなく、運動もしっかり取り入れています。
ダイエットに成功した人は、健康のために運動を習慣にしている人が多いです。
食事療法だけでダイエットをすると筋肉量が落ちるため、脂肪燃焼をする力が弱まり、なかなかカロリーが消費されず、痩せにくい体になってしまいます。
食事療法の他に運動も取り入れると、筋肉量が増えるために体脂肪が燃焼されて、痩せやすい体になっていきます。
ダイエットに失敗してしまうタイプの人は、とにかく食べないだけで痩せたいという考えの人が多く、運動を全くしていないという方も多いです。
運動全くしないと、体の筋力量が落ちて余計に太りやすい体質になってしまうのです。
ダイエットは食事制限だけではなく、運動も取り入れると効果的です。

 

違いF成功者は規則正しい生活をするが失敗者は不規則な生活をする

違いF成功者は規則正しい生活をするが失敗者は不規則な生活をする

ダイエットに成功しやすい人は、規則正しい生活をしているので、健康的に痩せることができます。
良質な睡眠をしっかりとって、ストレスを発散させて、栄養バランスの良い食生活をしているため、心身ともに健康になり、痩せやすい体質になるのです。
しかし、慢性的な睡眠不足が続くと、交感神経が働き、体が緊張状態となって、体の代謝が悪くなってしまいます。
食生活は外食やインスタント食品、レトルト食品など簡単に済ませている方は、栄養不足になりやすく、基礎代謝が落ちて、太りやすく痩せにくい体になるのです。
ダイエットに成功するためには、生活習慣を整えることも大切です。

 

ダイエットの成功と失敗のまとめ

今回は、ダイエットに成功しやすい人と失敗してしまう人の心理的な違いについて紹介しました。
ダイエットする!と固く心に誓ってから、実際に目標体重に到達して、理想的な体型をキープしている方は少数派です。
しかし、今回ご紹介した 成功者の心理を利用すると、ダイエットも楽しく長く続けられるようになります。
今度こそダイエットを諦めずに、目標体重まで頑張って続けて理想的な体形を手に入れましょう!


page top