芸能人もやっている!断食ダイエットの効果と正しいやり方

芸能人もやっている!断食ダイエットの効果と正しいやり方

最近は、芸能人のSNSで断食(ファスティング)ダイエットという言葉をよく耳にするようになりました。
『断食』と聞くと、『何も食べない』というイメージがありますが、これから紹介する断食ダイエットは全く食べないダイエットではありません。
美味しいドリンクやスムージー、スープを食事に置き換えるだけの簡単に痩せるダイエット方法です。
今回は、ダイエット成功者続出中の断食ダイエットの効果と正しいやり方を紹介しましょう。

 

断食(ファスティング)ダイエットとは?

断食(ファスティング)ダイエットとは、ある一定の期間(例えば3日間とか)だけ食事を断つダイエット方法です。
3日間の間は、固形物を一切摂らずに、

  • 野菜エキスなどが入った酵素ドリンク
  • ノンカフェインのハーブティー(ルイボスティー)

のみで過ごします。
ただし、準備期間と回復期間が必要なため、トータルで1週間ほどの日数で行うのが一般的です。
痩せる効果は個人差がありますが、正しい方法で断食ダイエットを行えば、1週間で結果を出すことができるため、今大人気のダイエット方法です。

 

現代人は好きなものを好きなだけ食べる人が多く、内臓・胃腸・消化器官が休まず働くため、肥満や糖尿病になりやすいと言われています。
断食は短期間で行われるため、体への負担が少なく、栄養素もしっかり取れるため、無理なく減量することが可能です。

 

ただし、間違った方法では効果が感じられず、体調が悪くなることもあるため、実践する時は正しい方法で行う必要があります。
『運動なしで短期間で痩せたい!』と思う方は、断食ダイエットをおすすめします。

 

断食ダイエットの効果は?

断食ダイエットをすると下記のような効果があります。

  1. 腸内環境が良くなる
  2. 脂肪が分解作用で痩せる
  3. デトックス効果で痩せる
  4. 血糖値を下げて痩せる

腸内環境が良くなる

断食すれば食べ物を消化・吸収する必要がないため、胃腸がしっかり休めることができます。
消化機能が休まると、血液循環や代謝にエネルギーが使われるため、体調が良くなるのが実感できます。
断食により、腸に溜まった老廃物や宿便が排出されるため、腸が綺麗になり、便秘解消にも役立ちます。
1日3回食べ続けていると内臓が疲れているため、断食により体調が良くなるのです。

 

脂肪が分解作用で痩せる

日常生活に使われるカロリーは、食べ物から得られる糖質や脂質からエネルギーに変えて使われますが、断食すると体に溜まった体脂肪を分解してエネルギーに変えるため、痩せやすい体になるのです。
断食ダイエットなら、3日間でも減量することができるので、すぐに痩せたい方に向いています。

 

デトックス効果で痩せる

断食すると摂取カロリーが減るため、体に溜まった体脂肪が分解され、老廃物や不純物といった体に不要なものも体外へ排出されます。
断食ダイエットはこのようなデトックス効果が期待できるため、顔や脚のむくみも取れて、簡単に体重が減り始めるのです。

 

血糖値を下げて痩せる

現代人は、糖質・脂質を摂り過ぎた食生活をしている人が多いため、血中の悪玉コレステロールの値が高くなっています。
コレステロール値が高いと血管つまりによる心筋梗塞や脳卒中などの重大な病を引き起こす恐れもあるのです。
アメリカのある研究によると、断食により不足したエネルギーを補い、血中の悪玉コレステロールを使用するため血糖値が下がりダイエット効果があります。

 

断食ダイエットの効果的なやり方

断食ダイエットは、水分は積極的に摂る必要がありますし、最低限の栄養を摂るために、胃腸に負担がかからないドリンクやスープは摂取していきます。
断食ダイエットのポイントは、断食する前と後も調整する必要があること。

 

  1. 準備期
  2. 断食期
  3. 回復期

の3つの期間に分けて行うと考えてください。

 

断食ダイエットは、食事の代わりに置き換える飲み物を準備します。

  • 酵素ドリンク
  • グリーンスムージー
  • コンブチャクレンズ

のいづれかを準備しましょう。

 

断食ダイエットで最もメジャーなのは酵素ドリンクですが、『無添加で美味しく続けやすい』と口コミで大人気の『優光泉』がおすすめ!

 

『優光泉』の断食ダイエットの飲み方

朝食(又はタ食) 1食だけを優光泉(60cc)に置き換えます。

 

例えば朝食に置き換える時は

  • 朝起きてすぐ20cc
  • 10時頃に20cc
  • 昼食前に20cc
  • 合計60cc

上記の量を水で4〜6倍に薄めて飲みます。薄め方は好みに合わせてどんなに薄くしても濃くしても大丈夫です。

 

断食ダイエットの準備期間

断食ダイエットは、いきなり何も食べないのではなく、準備期間をつくり徐々に食べ物を減らしていきます。
準備期間とは、断食を行う1〜3日前のことで、できるだけ胃腸に負担の掛からない食事を摂るようにして、腹7〜8分目で抑えてください。

 

  • 水分をたくさん摂る
  • 朝食は普通に食べる
  • 昼食は腹八分目まで
  • 夕食は通常の半分
  • 夕食は寝る3時間前まで

 

お菓子やアルコール、油っぽい食事は避けて、前日の夕食は、スープやお粥など、胃腸に優しいものだけを摂るようにしましょう。
そして、断食に入る前にダイエットドリンクを準備します。
置き換えるドリンクは、

  • 酵素ドリンク
  • グリーンスムージー
  • コンブチャクレンズ

の3つのいずれかを用意してください。

 

断食ダイエットの実践期間

そしていよいよ断食ダイエットを実践する期間になります。
やり方は簡単で、

  • 食事の置き替え
  • 水分補給

をするだけです。
断食中の水分は基本は水、そしてノンカフェインの麦茶やルイボスティーもOKです。(もちろん砂糖抜き)

 

断食ダイエットの1日目メニュー

メニューの例

【朝食】
8時:酵素ドリンク(300ml)
10時:酵素ドリンク(200ml)

 

【昼食】
12時:酵素ドリンク(300ml)
15時:酵素ドリンク(200ml)

 

【夕食】
19時:酵素ドリンク(300ml)

1日で5回の酵素ドリンクの補給を例にしましたが、3回でも10回に分けても問題ありません。空腹感を感じたら、無理をせずに酵素ドリンクを飲み、いつもより多めに水分をとりましょう。
ダイエットドリンクとは別に、水やお茶(ノンカフェイン)を普段の1.5?2倍くらいを目安に飲んでください。水分補給には水、麦茶、ルイボスティーを飲みましょう。
清涼飲料水、コーヒー、紅茶、アルコールなど、体に負担をかける飲み物は避けてください。

 

断食ダイエットの2?3日目メニュー

基本的には2日目は水以外は口にしません。その分、意識的に多めに水を飲むようにしてください。
激しい運動は避けて身体を落ち着かせて、室内でゆったりと過ごすようにしてください。空腹を感じたら、酵素ドリンクは飲んでも問題ありません。
1日3食のタイミングで、酵素ドリンクを飲むと、低カロリーで必要な栄養素を摂取できます。
酵素を摂取することで体内の消化酵素を増やす事ができるため、身体を痩せやすい状態になるのです。
断食中は食事を食べない分、身体の代謝も落ちやすくなります。

 

断食ダイエットの回復期間

断食本番が終わっていきなり食事を元に戻すと、内臓がびっくりして体調に悪影響を及ぼします。
休んでいた胃腸の消化機能や、肝機能、腎機能を少しずつ普通食に戻していく必要があります

 

断食期を終えた回復期には、スープやお粥などの負担の少ないものを摂るようにして、少しづつ体を通常の食事に慣らします。消化に負担の少ないものから徐々に食べていき、断食をする前の状態へと慣らしていきましょう。
断食による体質改善の効果が高まり、断食中の好転反応が現れてきます。

 

断食ダイエット・回復期間のメニュー

断食の回復期間は1?3日間です。

1日目

朝:お粥
夕:お粥

 

2日目

朝:お粥
夕:お粥

 

3日目

朝:お粥
夕:お粥・玄米食を軽く
(軽い副菜)

 

朝食はおかゆなどの消化の良いものを食べ、昼食、夕食は少なめの量で普通の食事に戻していきます。
食事中はよく噛むように心がけ、食べ物以外にも内蔵に刺激を与えないように、お酒やジュースなどは控えてください。

 

断食ダイエットの注意点

断食ダイエット中に起こりやすい体の変化は、空腹により集中力の低下したり、イライラしやすくなったり、ボーッとすることが多くなります。
そのため、断食ダイエットを行う場合は、健康な状態である方に限られます。

 

断食ダイエットに向いていない方

  • 妊婦や授乳中の方
  • 病気の方、薬を服用中の方
  • 慢性的な疲労がある方
  • ストレスが溜まっている方
  • 精神的に疲れている方

ダイエット終了後には筋肉が落ちているため、運動して体力を上げることが大切です。
断食ダイエットは、代謝が落ちてしまい痩せにくい体質になってしまうため、数ヶ月に1回程度に抑えておきましょう。

 

断食ダイエットのまとめ

現代人は過食傾向にあるため、消化器官が働きすぎており、それが肥満の原因になると言われています。
断食することで、デトックス効果や美肌効果も期待できるため、短期間ダイエットには大変おすすめです。
ただし、断食は決して長期間行われるものではないことや、間違った方法では効果が出ませんので注意しましょう。
実践する時は、正しい方法で体調をしっかりと管理して行い、ダイエットを成功に導きましょう。

page top