酵素食生活でダイエット

酵素食生活でダイエット効果をだす

酵素食

 

酵素ダイエットを始めると断食(ファスティング)をすることになります。

 

基本、1日1回の断食なので2回は食事を食べますが、ダイエット中ということだから油っこい高カロリーな食事はできるだけ避けた方がいいですし、ダイエット効果がでやすい食事を心掛けた方が短期間で効果を出す事ができるんですよね

 

 

酵素ダイエットを実践するときに、出来るだけ食べた方が良いおすすめの食事は、ずばり『酵素食』です。

 

酵素食は美容効果もあるし、健康効果もあるからすごくおすすめなんです。

 

。( ̄∇ ̄*)oグッド!!d(* ̄∇ ̄)。

 

 

そこで簡単に作って食べれる酵素食を少し解説してみます。

 

酵素食』を食べるうえで(作る上で)大切なポイントは食材選びです。

 

酵素食の中心になる食材は生野菜や果物なのですが、その生野菜や果物をジューサーで搾ったり、すりおろすのが基本なので、できるだけ無農薬の食材を選ぶのがオススメです。

 

 

なぜなら、野菜や果物は皮近くに栄養が含まれているから、皮ごと食べても安心なのが無農薬、無肥料だからです。

 

野菜・果物以外では発酵食品スプラウトも積極的に取り入れてるといいです。

 

(*^o^*)

 

 

豆腐

 

肉、魚、卵などの動物性タンパク質はダイエット中くらいは控えたいですね。そのかわりに、消化の良い豆乳豆腐などの植物性タンパク質を補うように心がけるといいですよ。

 

(酵素ドリンクを割る時に豆乳がおすすめなのはこの為です)蕎麦やライ麦パンなどもおすすの食材です。

 

 

おすすめ酵素食材

  • 果物
  • 生野菜(キャベツ・ラディッシュ・かぶ・大根・ブロッコリー・チンゲン菜・小松菜・菜の花・ルッコラ)
  • ピクルス
  • 漬物(植物性乳酸菌が豊富です)
  • 納豆

 

避けたい食材

  • 砂糖(ダイエットの天敵)
  • 動物性たんぱく質(消化するのに酵素が大量に使われます)
  • 食品添加物(ハムやソーセージ)

 

 

ダイエット効果がある成分
ダイエット効果を促進することができる成分を紹介します。こういう成分を覚えておくと、いざスーパーで買い物するときに、どの食材を選べぶか迷った時の参考になりますね。(・∀・)

  • L-カルニチン
  •  エネルギーをつくり出し体内の燃焼を助けてくれるアミノ酸の一種です。L-カルニチンが体内に豊富にあると、燃焼する量が増え太りにくい身体になることができます。

     

  • カプサイシン
  •  身体に溜まっている余分なカロリーの燃焼をサポートし、カロリーを溜め込まないスマートな身体を作れます。

     

  • ヒハツエキス
  •  身体の芯から温める働きがあります。体温が上がることで代謝が上がり、太りにくい体質へ導いてくれます。女子の悩みのタネの『冷え性』にも効果があります。

     

  • 黒生姜エキス
  •  手足と身体全体を温めて代謝アップをサポートします。代謝の良い身体は、消費カロリーが増えるので、食べても太りにくい身体になれます。

     

 

 

酵素を含む食材を調理する

 

酵素食材の調理法

調理法の基本は『』です

 

どうしてかというと、酵素がたくさん含まれている生野菜や果物は、48度以上の加熱で酵素が死滅する為です。

 

すりおろしをすると生野菜・果物の細胞膜が破れて中の酵素が数倍にも増加します。^^

 

 

おすすめ調理法

  • おろし器ですりおろす
  • 切って、ドレッシングであえる
  • ジューサーで生搾り

 

 

その他のおすすめメニュー

酢漬け

さすがに野菜・果物だけを食べ続ける訳にはいかないので(飽きてきますね)その他のおすすめメニューとしては、

  • 茹で野菜のごまあえ
  • 野菜の煮物&炒め物
  • 海藻類
  • 蕎麦・ライ麦
  • などがあります。p(^-^)q

 

 

1日の食事メニューの例

酵素ダイエットを始めたら、朝の酵素ドリンクと昼・夜の生野菜・果物習慣を身に付けるとダイエット効果がより出ます。

 

ポイントは毎日、取り入れて習慣化させることです。

 


朝:酵素ドリンク(ファスティング)
昼:とろろそば+大根サラダ

野菜カレー


夜:野菜カレー+すりおろしスープ+トマトの酢漬け

 

昼は軽い物で夜は好きな食材でOKです。生サラダ・酢漬け・発酵食品をたっぷり摂るようにするのがポイントです。

 

 

中性脂肪が増えてしまう原因

 

中性脂肪が増えてしまうと、それだけ体重も増えるという事です。

 

(+_+)

 

知らないうちに中性脂肪は増えてしまうので、意識的に減らさないと減りません。エクスクラメーション

 

 

増える原因として挙げられることは

  • 炭水化物の摂りすぎ
  • 魚を食べない
  • 運動不足

などです。

 

 

食事中の脂質が原因で増えるというよりも、炭水化物が厄介なんですよね。

 

!Σ(×_×;)!

 

 

炭水化物はエネルギーになることしかできないし、余ってしまうとほぼ肝臓で中性脂肪(内臓脂肪・皮下脂肪)に変換されます。

 

油っこい食事をしないことも大切ですが、炭水化物を摂りすぎないことの方が、もっと大切です

 

 

中性脂肪を無くす対策

 

対策をして脂肪を無くしましょう。

 

中性脂肪は、糖質を制限することで下げることができますし、積極的に摂取することで下げることができる食材もあるんです。

 

それは、

  • 青魚
  • オリーブオイル
  • クエン酸(酢)
  • 海藻(アルギン酸、フコダイン)

 

これらを積極的に摂取することで、皮下脂肪を減らすことが促進されます。

 

今日の食事から試してみましょう。

 

 

 

酵素 食生活(外食編)

 

酵素を取り入れたメニューを自分の手作り料理で、いつも食べれるのならいいんだけれど、そういうわけにもいかないのが現実。

 

 

仕事で疲れていたり、家事で疲れていたりするからね。

 

( ̄ー ̄(_ _( ̄ー ̄(_ _そうそう

 

 

外食する機会もあると思うんですが、その時も『酵素』を意識したメニューを選びましょう。

 

 

 

おすすめ酵素食 コンビニ編
  • とろろ冷やしそば
  • 山菜おりしそば
  • 野菜たっぷりスープ
  • おでん
  • 雑穀のおにぎり
  • カットフルーツを食事の前に食べると消化を促進してくれます。

 

アラート
コロッケや唐揚げはNG。

 

 

おすすめ酵素食 ファミレス編
  • 刺身定食
  • せいろそば
  • ヨーグルト
  • 野菜の炒め物
  • 酢の物
  • サラダバーでたくさん食べるのもあり

 

アラート
ラーメン・かつ丼・親子丼はNG

 

 

おすすめ酵素食 居酒屋編
  • ワインか焼酎
  • 野菜サラダ
  • 野菜スティック
  • ピクルス
  • キムチ
  • 漬物
  • 刺身の盛り合わせ
  • 野菜鍋
  • キムチ鍋
  • チゲ鍋などの鍋物

 

大根おろしを添えると消化促進されます。

 

それに薬味は生姜、にんにくのすりおろし、刻みネギ。

 

アラート
ビール、ピザ、チーズ系、焼き鳥はNGです。

 

 

こうやってある程度まとめてみると、野菜中心だったり、発酵食品だったり、生食材、そばだったりします。

 

傾向がわかりますよね。

 

酵素を上手に取り入れて、痩せやすい体質へ改善、お腹の脂肪も無くしましょう。

 

(・∀・。)(-∀-。)(・∀・。)(-∀-。)ぅんぅん


無断転載禁止